看護部方針

看護部方針

  • 安全、安心なサービスと療養環境の提供をする
  • 高齢社会を支えるための医療・福祉・保健の連携をする
  • チーム医療を実現するために協働する
  • 個々の人権と尊厳を尊重した意思決定の支援をする
  • 専門職としての自覚と自己研鑽に努める
  • 地域の健康増進に向けた取り組みを実施する
  • 健全な経営と法令遵守に努める
看護単位

4F

【東棟】
一般病棟 33床 一般内科系、消化器内科の混合病棟

【西棟】
回復期リハビリテーション病棟 47床 脳血管疾患や対象疾患である骨折治療後のリハビリテーションを中心とした病棟

3F

【東棟】
一般病棟 45床 消化器外科、形成外科の外科系の混合病棟

【西棟】
医療療養型病棟 47床 医療の必要度が高く入院の継続が必要な慢性期の患者を対象とした病棟

2F

【東棟】
一般病棟 37床 整形外科、耳鼻いんこう科の混合病棟

【西棟】
一般病棟 46床 一般内科系、腎臓内科、眼科の混合病棟

1F

【外来】
 一般外来、救急外来の他、内視鏡等

【手術室】
 外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻いんこう科などの手術を実施

【入退院支援課】
 病院の組織に属するが退院支援専従看護師の配置、入院支援等

B1F

耳鼻咽喉科 眼科 健診センター

別館

リハビリセンター 外来透析センター




大宮中央総合病院 > 看護部方針