当院の強み

① 救急件数及びオペ件数の増加





② 内視鏡センターの拡充

数少ない日本門脈圧亢進症学会 技術認定医
内視鏡センター長(兼院長)の魚住医師は内視鏡領域の認定者は56人しかいない【日本門脈圧亢進症学会 技術認定医】の一人です。センター長の魚住医師を中心に、年間約3200件以上の内視鏡検査を実施しております。

⇒内視鏡センターに関する詳しい情報はこちら
③ 高気圧酸素治療装置の導入

県内でも導入が少ない高気圧酸素治療装置
当院では2023年1月に1台目、2024年3月に2台目の高気圧酸素治療装置を導入いたしました。
高気圧酸素治療装置の導入により、外科、整形外科、形成外科、耳鼻科など、さまざまな診療科での治療で活用することを目指します。

⇒高気圧酸素治療装置に関する詳しい情報はこちら
④ 24時間365日対応の透析センター

夜間・休祝日関わらず対応
透析導入から終末期まで患者様に寄り添った医療を提供し、心不全や高カリウム血症等による緊急透析も夜間・休祝日関わらず対応しております。
また、透析患者様のPADによる潰瘍ならびに突発性難聴、steel症候群等に対して高気圧酸素療法による加療も実施しております。
〇当センター血液浄化療法
・各種血液透析(HD・ OHDF・CHDF )
・血漿交換療法(PE・DFPP)
・血液吸着療法(薬物吸着・ET吸着・レオカーナ)
・血漿吸着療法(LDL吸着)
・血球吸着療法(GCAP)


⇒透析センターに関する詳しい情報はこちら

大宮中央総合病院 > 当院の強み