透析センター

透析センターについて

当センターは2010年8月に開設し、地域医療の担い手として患者様に貢献できるよう日々精進し努めてまいります。透析という治療は医師、看護師、臨床工学技士をはじめ患者様自身とご家族様の連携により成り立ち、私たちはチーム一丸となり患者様に寄り添って、【自分が受けたいと思える、自分たちの家族・大切な人に受けさせたいと思える透析医療の実現】を理念に最善の医療を尽くしたいと考えております。現在当院では多人数用患者監視装置48台、個人用患者監視装置2台の計50台を設置し外来透析、入院透析を行っています。

透析とは

腎臓の機能が低下した患者様に対し、腎臓の一部の機能を機械によって代行する治療法です。当センターではオンライン血液透析濾過(OHDF)、血液透析(HD)を中心に行っており、心機能低下や敗血症状態などで血圧が低値な病態ではICUでも行われる持続緩徐式血液透析(CHD)・持続緩徐式血液透析濾過(CHDF)にも対応しております。
また、各種自己免疫疾患や肝不全に対して特殊な血液浄化療法(アフェレーシス)などにも対応しております。

当センターで対応可能なアフェレーシス療法例
  • 血漿交換療法(PE)・・・自己免疫疾患や肝不全
  • 二重膜濾過血漿交換療法(DFPP)
  • LDL吸着療法・・・家族性コレステロール血症、閉塞性動脈硬化症(LDL値高値)
  • 顆粒球吸着療法(G-CAP)・・・潰瘍性大腸炎・クローン病
  • エンドトキシン吸着療法(PMX)・・・敗血症
  • DHP(薬物吸着等)・・・睡眠薬などの薬剤吸着
  • レオカーナ吸着・・・閉塞性動脈硬化症
当院の特徴

当院は入院透析も可能となっております。また透析を続けていると合併症が起こることもありますが、総合病院のため、他科と連携し、合併症に対応いたします。高気圧酸素治療装置も導入しており、感染症リスクも軽減できます。

シャントトラブルは当院にご連絡ください

新規シャント造設はもちろんシャントトラブルなど多くの症例に対応しております。
他院で断られたシャント手術も可能な限り対応致します。


透析センター・お問合せ先
受付時間 ≪月曜日~土曜日≫ 8:30 ~ 17:00
電話番号 電話:048-663-2506
繋がらないときは 電話:048-663-2501(病院代表電話)

外来透析
治療時間
月曜日 ~ 土曜日 8時~・12時~の2クール体制 日曜日は休診

治療時間
8時~
12時~

〇:空きあり △:残り少ない ×:空きなし

※夜間透析は行っておりません。

治療環境

無料送迎サービス


患者様の負担を少しでも軽減できるように専用の送迎車両をご用意しております。 車いすの方も乗車可能です。

送迎エリア


さいたま市北区、大宮区、西区、見沼区、中央区
※一部送迎エリア外の地域がございます。

無料送迎サービスをご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

更衣室とロッカールーム

全ベッドにテレビの完備

外来透析申し込みの流れ

1.医療機関・家族からのご連絡
原則、医療機関よりご連絡を頂いてから調整となりますが、外来透析をされているご家族様からのご相談も承っております。
透析センター(048-663-2506)までご連絡ください。


2.医師・透析室 確認
下記の資料を郵送もしくはFAXでいただき、お受入の可否をご連絡致します。
◼︎ご用意していただきたいもの◼︎
・医療機関からの診療情報提供書
・透析条件
・血液浄化記録(3回分)
・血液データ


3.面談・施設見学
医師・看護師・臨床工学技士とオリエンテーションを行います。
※送迎をご希望の際は送迎ルートの確認を同日に行います。


4.外来透析開始
面談の際にご調整させていただいた日程でスタートとなります。

旅行透析について

1.医療機関またはご本人様・ご家族様からご連絡
原則、医療機関よりご連絡を頂いてから調整となりますが、外来透析をされているご家族様からのご相談も承っております。
電話:048-663-2506 透析センターまでご連絡ください。ご希望の日程をお伺いし、空き状況を確認いたします。


2.医師・透析室 確認
下記の資料を郵送もしくはFAXでいただき、お受入の可否をご連絡致します。
■ご用意していただきたいもの■
・医療機関からの診療情報提供書
・透析条件
・血液浄化記録(3回分)


3.外来透析開始
お受入可能となりましたら、ご希望日で透析のご案内を開始いたします。

大宮中央総合病院 > 透析センター