病院沿革

TOP >  病院沿革

病院沿革

大宮中央総合病院は2015年創立60周年を迎えました。地域の皆様とともに歩んだ歴史を写真とともにご覧ください。
2009年に全館耐震のための改修工事を終えました。

歴史と変遷

昭和29年12月14日
大宮中央病院として創立
創立当時軍需用パラシュートを製造していた紡績工場を転用し、大宮中央病院として設立。多くの結核患者が入院していた。
昭和30年4月19日 医療法人ヘブロン会大宮中央病院として医療法人認可。内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、放射線科

昭和39年2月
鉄筋4 階病棟増築 248床


昭和40年代
地域で初めて救急車を配備
昭和40年代県内初の救急車を所有。患者さんの送り迎えや警察、消防に代わり出動した。

看護師寮(旧若葉寮)
東北出身者が多く入寮し朝五時起床、早出勤務から始まる。午後は学校へ。授業終了後さらに二時間の看護業務をこなした。

病院受付の風景

ナースステーション
昭和43年12月 県内初X線フィルム自動現像機導入
昭和44年9月 結核病棟開設 253床
昭和51年3月 大宮中央総合病院として認可
増改築前
昭和55年10月 増改築落成 266床
平成6年6月 外来南棟完成
平成12年4月 介護認定取扱病院として認可

平成16年1月
附属大宮中央クリニック開設
平成16年5月 病院建替工事開始(耐震工事開始)

平成20年2月
新棟竣工(耐震工事全工程終了)

平成22年5月
歯科・健診センターを除く
全科外来統合完了
平成24年9月 附属大宮中央クリニック閉鎖

平成24年10月
大宮中央総合病院 別館完成
平成29年12月 地域包括ケア病棟開始(45床)  許可病床数266床
(一般221床 地域包括45床 計266床)
平成30年3月 療養病棟開始(48床)  許可病床数262床
(一般169床 地域包括45床 療養48床 計262床)
平成30年7月 療養病棟変更(90床)  許可病床数255床
(一般120床 地域包括45床 療養90床 計255床)

医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院

  • 【病院受付】電話:048-663-2501 FAX:048-666-4673
    【健診センター】電話:048-653-5266 FAX:048-653-5269
    【患者支援センター】電話:048-663-2508 FAX:048-663-2533
  • 住所:〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町 1-227
  • 診療受付時間:
    診療受付 午前 8:00 ~ 11:30・午後 12:00 ~ 16:30
    診察開始 午前 9:00~ ・ 午後 13:30~
    救急受付 24時間対応
    ※診察時間は各診療科により異なります。詳しくは各科ページをご覧ください。
ページトップへ