糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科について

診療内容

糖尿病の他、高脂血症、高尿酸血症(痛風)、高度肥満、甲状腺・副腎などの代謝・内分泌疾患の診療にあたっています。糖尿病診療の主な目的は慢性合併症の予防です。そのために、血糖コントロールのみならず、血圧、脂質、肥満など他の生活習慣病に対する包括的な診療を実践しています。内分泌疾患では、投薬による治療が必要な場合には薬剤の調整を行います。

症状

のどの渇き、多飲、多尿、検診で糖尿病の疑い・TSHの値が異常を指摘された

疾患

糖尿病(1型糖尿病・2型糖尿病・その他)、脂質異常症、高尿酸血症、二次性高血圧(原発性アルドステロン症など)、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍など)、副腎腫瘍など

診察時間
受付時間 診察開始
8:00~11:30 9:00 利根澤 井上
12:00~16:30 13:30 利根澤 井上
医師紹介

非常勤医師

氏名 井上 彩
   (昭和大学病院 糖尿病代謝内分泌内科医局)

職名 内分泌内科非常勤医師

氏名 利根澤 しおり
   (自治医科大学さいたま医療センター 内分泌代謝医局)

職名 内分泌内科非常勤医師

大宮中央総合病院 > 糖尿病・内分泌内科