循環器内科概要

TOP >  循環器内科概要

当院では冠動脈治療、不整脈治療を行っています

1.不整脈治療 → 心房細動アブレーション

カテーテルアブレーション治療とは

カテーテルという細い電線を静脈経由で心臓内まで進め、カテーテル先端からの電流により心臓の一部を焼灼することで筋肉の興奮を抑え不整脈を治す治療の事です。
カテーテルアブレーションは、主に頻脈(脈拍数が多くなる)の治療で行います。
主な治療対象は、以下の不整脈になります。

  • 発作性上室性頻拍
  • 心房細動
  • 心房粗動
  • 心房頻拍
  • 心室期外収縮(頻発)
  • 心室頻拍

2.不整脈治療→ペースメーカー植え込み

ペースメーカー植え込み術

脈が遅くなると、めまい、失神や息切れを伴います。ペースメーカー手術により症状は改善し、遅延する脈を予防します。
当院では、主にMRI検査にも対応できるタイプの最新ペースメーカーを使用しています。

【写真提供】ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社

【写真提供】バイオトロニックジャパン株式会社

【写真提供】ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社

  

2.不整脈治療→ペースメーカー植え込み

ペースメーカー植え込み術

脈が遅くなると、めまい、失神や息切れを伴います。ペースメーカー手術により症状は改善し、遅延する脈を予防します。
当院では、主にMRI検査にも対応できるタイプの最新ペースメーカーを使用しています。

【写真提供】ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社

【写真提供】バイオトロニックジャパン株式会社

【写真提供】ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社

3.狭心症治療→治療前、治療後

心臓カテーテル検査 CAG

カテーテルという細く柔らかいストロー状の管を、血管内を通して心臓に運び、血管造影や心臓の中の精密な圧測定などを行う検査法です。
冠動脈に狭窄を認め、心筋虚血(血液不足)が疑われる場合には、FFR(冠血流予備量比)をカテーテルから測定して、治療方針に役立てております。

冠動脈インターベンション PCI

カテーテル検査の結果、冠動脈に心筋虚血を伴う狭窄や閉塞病変を認めた患者さんに行う治療です。
カテーテル(バルーン、ステント)を使用し、狭窄した血管を拡張し、安全に正常な血管の状態にします。


  

勉強会について

当院では、冠動脈治療、不整脈治療に伴う心電図解析など
知識のブラッシュアップを図るため定期的な勉強会を開催しております。

医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院

  • 【病院受付】
      電話:048-663-2501
     FAX:048-666-4673
    【健診センター】
      電話:048-653-5266
     FAX:048-653-5269
    【地域連携課】
      電話:048-663-2508
     FAX:048-663-2533
  • 住所:〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町 1-227
  • 診療受付時間:
    診療受付 午前 8:00 ~ 11:30・午後 12:00 ~ 16:30
    診察開始 午前 9:00~ ・ 午後 13:30~
    救急受付 24時間対応
    ※診察時間は各診療科により異なります。詳しくは各科ページをご覧ください。
ページトップへ