設備案内

TOP >  設備案内

設備案内について

透析装置について

  • ベッド数:50床
  • 逆浸透精製水製造システム 2台
  • 透析装置 (日機装社製の最新システムです)
    ・透析監視装置:40台 (DCS-100NX),8台(DCG-03)
    ・個人用透析装置:2台[うち救急専用1台](DBG-03)
    ・透析液溶解装置:2台(DRY-11A,DRY-01)
    ・透析液供給装置:1台(DAB-E)
    ・個人用逆浸透装置(救急専用):1台(MH1000CX)

各種透析装置の保守点検や水、透析液の管理は臨床工学技士が厳密に行っています。透析装置のエンドトキシン(生体に対して発熱、血圧低下、白血球減少、血小板減少を引き起こす細菌の毒素)は透析液清浄化装置で吸着除去し、循環動態の改善を図ります。

医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院

  • 【病院受付】
     電話:048-663-2501
     FAX:048-666-4673
    【健診センター】
     電話:048-653-5266
     FAX:048-653-5269
    【患者支援部】
     電話:048-663-2508
     FAX:048-663-2533
  • 住所:〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町 1-227
  • 診療受付時間:
    診療受付 午前 8:00 ~ 11:30・午後 12:00 ~ 16:30
    診察開始 午前 9:00~ ・ 午後 13:30~
    救急受付 24時間対応
    ※診察時間は各診療科により異なります。詳しくは各科ページをご覧ください。
ページトップへ