臨床工学課

TOP >  臨床工学課

臨床工学課について

臨床工学技士(ME)とは

1987年に臨床工学技士法が成立され誕生した資格であり、主に生命維持管理装置を安全に操作し、保守点検を行うことが目的とされています。この資格が誕生したきっかけは、医療の高度化に伴い医療機器も高度で複雑な構造になり、それらを使用することで患者さんへ直接的または間接的に影響を及ぼす恐れがあるためです。その機器を安全に操作し、安全に使っていただけるように管理を行うのが我々「臨床工学技士」です。

当院の臨床工学技士の特色

当院での臨床工学技士業務は血液浄化を主としております。通常の血液透析だけではなく、総合病院として入院されている患者さんへ、急性血液浄化療法(肝不全・潰瘍性大腸炎・膠原病 等)である血漿交換・血液吸着・血漿吸着・時には心不全患者さんへのCHDF(持続緩徐式血液濾過)なども積極的に行っております。
生命維持管理装置を安全に操作し、保守点検を行うだけではなく、患者さん一人一人に合わせた治療方針を医師や看護師と連携をとり組み立て、最善の医療を提供するため日々努力しております。

機器管理

医療機器管理業務としては、輸液ポンプ・シリンジポンプの定期点検・日常点検、人工呼吸器の定期点検・使用前後点検、保育器の使用後点検、麻酔器の定期点検などを行っております。
年々高度化していく医療機器ですが、事故なく安全に使用していただけるよう日々保守点検に努めています。

血液浄化

血液浄化とは、血液を浄化(きれいに)する治療です。腎臓の機能が低下し老廃物を排泄することができなくなってしまった患者さんや、自己免疫や細菌によって身体が侵されてしまった患者さんなどへ提供する治療です。当院での臨床工学技士業務として主に行っており、医師・看護師と共に治療方針を考え、患者さんの状態が改善されるよう努めております。


血液浄化療法と呼吸療法

PTA

PTAとは経皮的血管形成術の事であり、透析患者さんが透析療法を行うためには、欠かせないシャントという特殊な血管を拡張・形成する手術の事です。患者さんの中には、血管が細い方・血管内で血液が詰まりやすい方がいますが、そのような患者さんに行われる処置の一つです。手技としては血管の中に「カテーテルバルーン(風船様)」を挿入し血管が細いところでバルーンを膨らますことで血管を広げます。
この手術の補助に臨床工学技士が医師・看護師と共に行っています。

ペースメーカ

ペースメーカとは患者さんの心臓の鼓動が途切れたり、一定以上の間隔を超えてしまったりすると、それを察知して電気刺激を心臓に送り、心臓が正常なリズムで鼓動することを助ける医療機器です。ペースメーカは電池で動いているため、電池が消耗してしまうと正常な動作ができなくなってしまいます。そのため、当院では半年毎にペースメーカチェックを行い、状態によっては交換を新規でペースメーカが必要な患者さんには新規でのペースメーカ植え込みを行います。
我々臨床工学技士の業務としては、ペースメーカ植え込みの介助・ジェネレータ交換の介助・ペースメーカチェックを行っております。

医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院

  • 【病院受付】
     電話:048-663-2501
     FAX:048-666-4673
    【健診センター】
     電話:048-653-5266
     FAX:048-653-5269
    【患者支援部】
     電話:048-663-2508
     FAX:048-663-2533
  • 住所:〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町 1-227
  • 診療受付時間:
    診療受付 午前 8:00 ~ 11:30・午後 12:00 ~ 16:30
    診察開始 午前 9:00~ ・ 午後 13:30~
    救急受付 24時間対応
    ※診察時間は各診療科により異なります。詳しくは各科ページをご覧ください。
ページトップへ