< 皮膚科のご紹介 大宮中央総合病院
サブメニュー リンクページ サイトマップ お問合わせ

携帯サイト

携帯QRコード

http://ocgh.jp/mobile
健診センター 訪問看護ステーション「わかば」


皮膚科のご紹介

感染症(白癬・カンジダ・瘢風・せつ・よう・伝染性膿痂疹・尋常性疣賛・伝染性軟属腫・単純疱疹・水痘・帯状疱疹など)は、外用・内服処方および外来処置をおこないます。
炎症疾患(アトピー性皮膚炎・乾癬・湿疹・接触皮膚炎・蕁麻疹・薬疹等)は外用・内服処方主体です。腫瘍性疾患については、脂漏性角化症は、液体窒素療法主体に治療、色素性母斑、悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌などで手術を要する場合、自治医大医療センターあるいは帝京大学附属病院に紹介しています。
その他、円形脱毛症・尋常性白斑・?瘡等は、外来・内服処方主体に治療し、状況に応じ他院に紹介します。

月曜日 皮膚科診療  帝京大学皮膚科学教室 渡辺 晋一先生のご紹介

 皮膚真菌症研究のスペシャリスト。水虫治療薬の臨床開発試験においても中心的な役割を果たす。皮膚科全体としては、アトピー性皮膚炎をはじめとする湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。さらに、レーザーを使った最先端医療をハーバード大学で学び、1988年アメリカより帰国後、傷跡を残さない「Qスイッチ・ルビーレーザー」を東芝と共同開発するなど、それまでの日本にはなかったシミ・アザの本格的なレーザー治療を国内に取り入れた、レーザー治療のパイオニア的存在でもある。

火 冨田医師
水 林医師
木 中島医師
金 冨田医師
土 田中医師

ページ上へ

診療科一覧