サブメニュー リンクページ サイトマップ お問合わせ

特定健康診査とは

メタボリック検診

 特定健康診査(特定健診)は、内臓脂肪型肥満に着目した、生活習慣病予防のための保健指導を必要とする人を 選び出すための健診です。健診項目には、内臓脂肪の蓄積状態をみるために腹囲の計測が追加されるなど、特定 保健指導の対象者を的確に抽出するための検査項目が導入されます。 対象者は40歳以上75歳未満の加入者で、被保険者だけでなく被扶養者も対象となります。 特定健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して、リスクの高さに応じて、レベル別 (「動機づけ支援」・「積極的支援」)に特定保健指導の対象者の選定を行います(階層化という)。
特定健康診査機関としての実施運営についての重要事項に関する規程

特定保健指導とは

 特定保健指導は、階層化により「動機づけ支援」「積極的支援」に該当した人に対してのみ実施されます。 特定保健指導の目的は、対象者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣の改善のための自主的な取り組みを継続的に 行うことができるようにすることにあり、対象者が健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけや アドバイスを行います。

ページ上へ