医療法人ヘブロン会 大宮中央総合病院 医療法人ヘブロン会 大宮中央総合病院

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


女性診療科部長 飯野好明

不妊症の治療をなさっている方々へ

 私が産婦人科医になりましたのは、クラブの先輩から”来いよ!悪いようにはしないから”というなかば命令のような誘いからでした。ですから、今日のようにお産などの過酷な労働環境のため産婦人科医が激減するなどということも、そうした過酷な労働環境も知らずに入局しました。1980年代の半ばでして、全国的にどこの産婦人科も、一般化しつつあった体外受精法に力をいれておりまして(当時は試験管ベビーという言葉がもてはやされました)、私もそういう流れの中で当時”大分県での初の試験管ベビー”誕生のメンバーでございました。もちろんそのころはペーペーの医者でしたから、採卵のために毎日大きな超音波の機械を外来から病棟に持っていくことが私の仕事という肉体労働のみの参画でした。その後埼玉医大に移りまして本格的に体外受精の仕事を始めました。そして埼玉県内での誕生としては初の試験管ベビーを誕生させ、その後も多くの妊娠例をみました。帝京大学に移ってからは助手、講師という”管理職”のかたわら不妊治療としては特に肥満の方のホルモン環境の改善、不妊治療に興味をもって仕事をしました。一般病院の部長になってからは、不妊治療において腹腔鏡手術の必要性を痛感し、この方面のマスターに集中しました。クラミジア感染者の激増により、卵管性不妊症の患者が増え、それに対し腹腔鏡手術が非常に有効だったからです。その後副院長になってからは、体外受精と腹腔鏡を融合させた効果的な不妊治療、さらには精子や受精卵の凍結保存法にも興味をもって精力的におこなってきました。今回大宮中央総合病院に移るにあたりまして、さらに泌尿器科のご協力を得て、顕微授精や重症男性不妊症の方々にも精力的に治療して参りたいと思っております。
 日々の臨床におきましては、たくさんの患者のみなさまが来院していただき、本当にありがたく思っております。私が胸を張って申し上げられることですが、熱心で優秀なスタッフをそろえました。胚培養士や不妊カウンセラー、泌尿器科とも連携をとって治療して参ります。またレーザーハッチングなど最新の機器もそろえ、すべての不妊症治療を想定して準備しております。さらにインターネットサイト”ルビズ”を通してみなさまとの相互理解を深めて参りたいとも思っております。しかし一番大切なことである不妊症治療での成功(妊娠)は、患者様とスタッフが一丸になって、日々の地道な努力と工夫と精進の積み重ねによって成し遂げられるものと思っております。日々向上心をもって、みなさま一人一人に全勢力を傾け妊娠成功に結び付けてゆくべく努力いたします。どうか、当院をご利用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

医療法人ヘブロン会 大宮中央総合病院  女性診療科部長 飯野好明

 

 

外来日程
診療時間
■月
9:00-11:30
14:00-18:30
■火
9:00-11:30(妊婦健診のみ)
14:00-18:30
■水
9:00-11:30
 15:00-18:30
、金
9:00-11:30
14:00-16:30

9:00-14:00

*火曜日午前は、妊婦健診のみです。一般婦人科診療は行いません。
*専門外来は、その領域の患者様以外の病気も診療しますので受診していただいて大丈夫です。更年期障害、不妊症、ホルモンの病気の疑いのある方は、できるだけ専門外来の時間帯でおこしください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
男性不妊外来  

水曜日    9:00-11:30

土曜日    9:00-14:00
(第4土曜日のみ9:00-12:00)


(病院内の女性診療科にて行います。クリニック内の泌尿器科外来ではありません。)
-----------------------------
PDFファイルを使っているところがあります。ごらんになれない場合は、こちらをダウンロードしてください

〒331-8711 埼玉県さいたま市北区東大成町1丁目227番地 tel(048)663-2501

お問い合せ サイトマップ ホーム